関節痛の原因と予防法

関節痛の原因と予防法

関節痛の原因は様々です。

中でも代表的なものが「変形性関節症」と「関節リウマチ」が挙げられます。

私たちの身体は、老化によって骨と骨の間にある軟骨が欠けたり擦り減ったりしてしまうことがあります。

この軟骨がもろくなってしまうことで、炎症が起きてしまうのが変形性関節症です。

テレビコマーシャルでも、関節痛に効果があるというサプリメントや薬を見かけます。

それだけ、関節痛に悩む人が多いことが分かります。

起こりやすい場所は、ひざです。

体重を支えながら立って座ることを繰り返すのですから、大きな負担が毎日かかっているのです。

痛みを和らげるには、湿布を貼るのが効果的ですが、軟骨はすり減ったままなので、根本的な解決にはつながりません。

症状が悪化すると、歩くことすら痛みで耐えられなくなってしまいます。

関節リウマチは、自己免疫疾患です。

体内を細菌などから守るための免疫が、過剰に反応して自身の身体を傷つけてしまうことがあります。

免疫異常と言われ、全身に悪い状態を作り出してしまいます。

その中に、起こるのが関節リウマチです。

進行してしまうと関節の組織が壊されて、痛みや腫れもひどくなります。

指が変形してしまうのも関節リウマチの怖さです。

女性に多い症状です。

関節痛である変形性関節症の予防は、関節に負担をかけないように生活することが大事です。

肥満気味の方はダイエットが効果的です。

冷えも関節に負担がかかります。

冷やさない生活を心がけましょう。

O脚の人は、靴の中敷きで正しい位置に戻して歩きましょう。

同じ姿勢は控えてストレッチなどでも良いので、身体を動かしましょう。

筋肉強化をするには、関節に負担がかからないようなトレーニングが重要です。

ひざを軽く曲げた状態での歩き方も良いトレーニングになります。

長い時間は避けて短時間で続けていきましょう。

痛みや腫れがある場合は、トレーニングを行わず病院で受診しましょう。

もう一つの関節痛である関節リウマチは、原因がまだ完全に解明されていないのが現状です。

膠原病のひとつとされています。

遺伝子が原因とされているのは、40%ほどだと言われています。

発症や進行を抑えるためには、1日8時間ほどの十分な睡眠と、ストレスを抱え込まない生活、腸内細菌を整えるために食後の歯磨きも効果的だと言われています。

ピロリ菌のチェックも行う方が良いそうです。

喫煙は関節リウマチが発症してしまうリスクを高めてしまいます。

禁煙をオススメします。

予防法が詳しく記載されているサイトがこちらになります。

辛い関節痛でお悩みの方へ